地元民による地元紹介WEBマガジン

飲食店

珈琲を好きになるきっかけに。「&ROe」

愛子、錦ケ丘エリアを代表する珈琲屋さんの登場です。珈琲に詳しくない私でも「あ、美味しいかも」と感じる一杯。まさかこんな近くで出会えるとは思っていませんでした。インスタを見ても、お話を聞いても、本当に珈琲が好きなんだな、と店主の情熱がひしひしと伝わってきます。
今回はそんな珈琲屋、&ROeさんをご紹介いたします。

お店を開いたきっかけ

&ROeさんはとっても簡単に言うと、珈琲の移動販売店です。あぁ、そっか。と思った方、次の土日はヒルサイドモールに行ってください。ただの珈琲屋さんではありません。スペシャルティコーヒー専門の移動販売珈琲店です。とにかく珈琲が大好きな店主、中村さんが作った珈琲屋。それが&ROeです。もともとは紅茶が大好きで、紅茶をメインにしたカフェをやりたかったそう。とある珈琲屋さんに出会い、珈琲に対するイメージが一変。それからというもの、珈琲の虜になり、勉強と経験を重ね、今に至ります。

店名の由来は?中村さんにお聞きしました。

「僕にしか出来ない『珈琲』・『人』・『空間』を表現したいと強く思いました。美味しい『珈琲』を淹れる『人』がいて、お客様に届きます。そうして『空間』が出来上がります。その『空間』を『珈琲』を通してお客様と『僕』で作り上げていきたい、そんな気持ちで名前を考えました。『お客様とつながる』そんな意味を込めて、名前に『〜と』の意味で『&』を、そして僕の名前の一部をとり出来上がったのが『&ROe』です。」

一押しは&ROeブレンド

珈琲を好きになるきっかけになるように、と考えて作られたブレンド。ブラックが苦手な人でも飲みやすくすっきりした味わいです。
初心者から上級者まで楽しめるシロップラテもあります。
自宅で楽しみたい方は、珈琲豆の販売があります。粉にした状態での受け取りも可。

珈琲の移動販売って実際どうなの?

今回初めて移動販売の珈琲を飲んでみましたが、味もさることながら、カフェとはまた違った楽しみ方が出来ました。気軽に持ち帰れる珈琲は、車の中で飲む方もいれば、お子さんのお迎え待ち中、もしくは周辺を歩きながら飲む方もいるでしょう。珈琲を楽しむ方それぞれそれぞれの場所で、違った楽しみ方ができる。それが移動販売の珈琲だと思います。そこに行かないと飲めない珈琲。でもどこで飲んでも良い。カフェとテイクアウトの良いところを合わせたような感じです。

出店場所について

&ROeさんは、錦ケ丘を拠点にアエルや県内外のイベントにも随時出店しています。出店場所の詳細は下部に記載の公式Instagramから確認してください。「錦ケ丘を拠点にしているのは場所に意味を持ちたかったからです。この辺を盛り上げたいっていうのもありますし、そもそも珈琲屋がないので、ここを代表する珈琲屋になりたいですね。」とのこと。あ、そうそう。&ROeさんは今年の8月で1周年を迎えます。嬉しいですね。そして店主の中村さんは、なんと仙台西部民!大事なことなのでもう一度、仙台西部民です!ありがとうございます。

&ROeさんのこれから

「移動販売というスタイルは個人的に好きなので、今のところ無くす気はありませんが、昔からお店を出したいという目標があります。ゆくゆくは店舗という形についても考えたいと思っています。その進展も楽しみにして頂けたら嬉しいです。最終的には、理想の珈琲屋さん(僕が衝撃を受けた珈琲屋さん)になれるように、努力し続けたいと思います。」今の移動販売は常連様が多数いらっしゃるようなので、店舗を出す際は、移動販売と店舗の両立を模索中のようです。どうなるのか楽しみですね。まだ味わった事のない方、どうせ飲むなら中村さんの淹れたスペシャルティコーヒーを飲んでみてください。


というわけで、今回は&ROeさんをご紹介しました!お店の詳細は以下のリンク先からご覧ください。仙台おもせいぶでは、これからも&ROeさんさんの情報をお届けしていきたいと思います。

&ROe
Instagram⇒@androe.coffee

PAGE TOP