地元民による地元紹介WEBマガジン

飲食店

「過去に食べられなかったお店を紹介」の巻2

先日公開したこちらの記事。

秋保のお店の実食レビューだったのですが、今回は錦ケ丘のお店です!どちらのお店もオープンが2021年なのですが、なんだかもっと前からあったような気がするくらい地域に馴染んでいて、クオリティの高いお店です。冬限定のお知らせもありますのでお見逃しなく。そして今回もすべてテイクアウト。よろしければ最後までお付き合いください!

&ROe さん

スペシャルティコーヒーの移動販売店。ただ珈琲を提供するのではなく、その場の空間や自分自身を通して、お客さんの気持ちに届ける珈琲を目指しています。熱い情熱。ほとばしる想い。優勝です。過去のご紹介記事はこちらでどうぞ。

店主の中村さんはもちろん仙台西部民。気さくな方で話しやすい人。寒いとエンジンがかからなくなっちゃったりする移動販売車が、なんか相棒みたいで可愛いと思います。個人的には、普段飲めないようなとっても変わった珈琲を頼むのが好きです。

ポップコーンラテ

恥ずかしながら、ラテ初体験です。
お、香りが香ばしい。ほのかなポップコーンの味と風味が感じられます。控えめな甘さもgood!苦いのが苦手という人でも、美味しく飲めるのでは?デザートとしても、ちょっとしたご褒美にも。おでかけ中を楽しくさせてくれる一杯です。

ドミニカ共和国(浅煎り)

メニュー名が国名だと、なんかそれだけでワクワク。(向かって右側が、ドミニカ共和国の豆を使用した珈琲です。すいません。蓋を開けて写真撮るのを忘れてしまいました。)香りはほのかなカシス系?な明るい雰囲気。フルーティ!単品でも良いですが、クリスマス間近なのでケーキと合わせても明るく楽しいひと時を過ごせそう。全体として飲みやすく、日頃飲んでるコーヒーの違いを手軽に感じられます。少し冷めると酸味とフルーティーさが強調されますので、その辺はお好みで。

時期によって珈琲の種類が変わります!

ラテメニューは固定ですが、珈琲メニューは時期によって取扱いが変わります。今回のドミニカ共和国ももちろん期間限定!最新情報はInstagramから!

 

この投稿をInstagramで見る

 

&ROe(@androe.coffee)がシェアした投稿

Pain montagne 030 さん

とにかく、味も見た目もクオリティが高いパン屋さんです。皆さんご存知かと思いますが、過去のご紹介記事はこちらから。

目移りするパンの数々。おしゃれで可愛くてカッコいい。もちろん美味しい。そして店主のお二人がとっても良い方々でありながらも、パン職人としての歴も軽く10年20年越え…問答無用の優勝です。

モンブラン

自家製のアーモンドクリームに自家製カスタード、ホイップ、フランス産マロンクリーム、というスペシャルな4層。まさにモンターニュさんのモンブラン。字面だけ見るととっても甘そうですが、そんなことはありません。甘すぎずに栗の味わいを感じながらも、各クリームが織りなす悶絶至極のハーモニー。最高美味。割と大き目なモンブランだと思います。個人的にはパイ生地が好きです。

シュトーレン

ドイツのクリスマスシーズンに欠かせないお菓子です。昨日より今日、今日より明日…と生地に各具材の味が馴染んでいくのが最大の特徴。つまり味の変化を楽しめるお菓子です。一口頬張れば、ラム酒にバター、ナッツ、ドライフルーツ、これでもかという美味しさが大渋滞。ゆっくり味わうともれなく幸せに。中央に見える白い餡のようなものはマジパンといいます。本気なパン…ではなく、アーモンドの粉末と砂糖を混ぜ合わせたお菓子。濃厚なシュトーレンの美味しさ作りに一役飼っています。どうせならハーフ以上のサイズで味の変化を楽しんでみてください!

シュトーレンは期間限定、数量限定です!

モンターニュさんの特製シュトーレンは冬期限定!お試しください!

 


というわけで、以前の紹介で実食できていなかった2店舗のメニュー、改めていただいてみました!お近くにお越しの際はぜひ!

PAGE TOP