地元民による地元紹介WEBマガジン

飲食店

ベジセントリックな旅のお供に。「ORGAN」

「外国語を知らない人は自国語についても無知である」。ゲーテの名言です。対比することで輪郭や理解がはっきりするという意味。今回ご紹介するのはヴィーガンスイーツがメインのテイクアウトショップです。普段あまり野菜を食べない人にこそあえて食べて欲しい!もしかしたら、今まで感じなかった野菜や肉のうま味に気づけるかも。
秋保にある「ORGAN(オルガン)」さん。よろしければ最後までお付き合いください!

どんなお店なの?

2018年9月オープン。ヴィーガンスイーツがメインのテイクアウトショップです。メニューの全てで、動物性食品(肉、たまご等の乳製品全て)と白砂糖を使っていません。また、一部のスイーツではグルテンフリーで小麦粉も使っていません。ヴィーガン食にまったく触れたことのない方には、とっても斬新なお店です。白砂糖まで使っていないとな…と若干脳がバグる感覚に陥りました。わんちゃん向けにグルテンフリーのおやつもあります。

お店ができるまで

今回お話しを伺ったのはORGANさんの運営元、Life Thyme Plus株式会社の早﨑さん。凛としていてカッコいい素敵な女性です。ブランドマネージャーとして、ORGANのほか数店の運営に携わっていながら、ヨガの講師も勤めています。OL時代に常連だったお店「Ship Street Cafe」の店長になり、飲食業界へ。ヨガの学びを深める為に渡ったニューヨークで、ヴィーガンの考え方に触れ、感銘を受けたそうです。帰国後は自身のお店をヴィーガンのお店として再スタート。
「2018年ごろに、土地開発でお店を立ち退かなきゃ行けなくなったんです。場所を探していて、緑豊かで素敵な場所がここでした。まずはテイクアウトショップを、ということでORGANを作りました。」

店名の由来

「O」rganic+「R」aw Materials+ve「GAN」「ORGAN」。さらに、レコード番長と称される須永辰緒氏がリリースしたOrgan b. SUITEシリーズのカセットテープがとってもお洒落でお気に入りだったことも関係しているそうです。

ORGANのココが素敵

1,カロリー控えめで優しい

最近ORGANさんで人気なのがグルテンフリー(小麦粉不使用)のスイーツです
食後の血糖値上昇を抑えることができ、ダイエットに励んでいる人や、アレルギーの方におすすめ。

2,ヴィーガンなのに美味しい

ヴィーガンって野菜ばっかで味気なさそう…と思っている方。侮ることなかれ。ORGANさんのメニューは食材のポテンシャルをこれでもかと引き出しています。↑画像のマフィンももちろんビーガン食。

2023年5月10日時点のメニュー

3,世界観が楽しい

ORGANさんは全体敵に黒を基調としたシックなデザインになっています。統一された世界観の中で映える野菜の緑、レモンの黄色、イチゴの赤。野菜や果物の彩りは見ていて楽しくなります

実食レビュー

ベジバーガー

圧倒的存在感。抜群の香り。腹が減る!パティは肉の代わりに大豆を使用していて、玄米のモチモチ感を繋ぎにして作っているんだとか。滑らかな食感が新鮮で、サルサソースとぴったり!大地の恵みを感じるように軽やかで深い味わいが広がります。お店のイメージカラーに合わせた黒いフォカッチャは竹墨を使用。ややもっちりしていてしっとり。バーガーの新時代を感じました。

キャラメルナッツヌガータルト(グルテンフリー)

ナッツがたくさんのっていますが、しつこい脂っこさは無く、スッキリとしていてコクがあります。しっかり甘くてしっかりスイーツ。優しく溶けるヌガーも美味。個人的にはコーヒーにもウイスキーにも合いそうだと思いました。小さく見えますが、食べ応えがあります。

ORGANのこれから

「秋保内で新しくお店を開こうかなーとぼんやり考えています。それとは別に、秋保の奥地でヴィーガン向けの宿泊施設(最下部にインスタアカウント載せました)を準備しています。某大手アウトドア衣料品メーカーも絡んでいてビッグプロジェクトだと思っています!」


というわけで今回は「ORGAN」さんをご紹介しました。営業時間などの詳細は以下のリンク先からご覧ください!

ORGAN
Instagram⇒@organ_container

Life Thyme Plus株式会社⇒http://life-thyme-plus.com/
準備中の宿泊施設⇒@akiu_outdoor

PAGE TOP