地元民による地元紹介WEBマガジン

飲食店

イタリアンの野菜使い、洗練された味わい。「L’Albero」

皆さん知ってました?ベジタリアン(菜食主義)って7種くらいあるんですって。今回ご紹介するのはラクトオボベジタリアンというジャンルの料理を提供するお店です。〇〇主義っていうと、ちょっと近寄りがたいようなイメージがあるかもしれませんが、百聞は一見にしかず。優しいオーナーさんとたくさんの常連さんで賑わっているお店でした。青葉区上愛子の「L’Albero(アルベロ)」さんをご紹介します。よろしければ最後までお付き合いください!

どんなお店?

誰もが楽しめる菜食イタリアンのお店です。動物性の食材は卵と乳製品のみ、他はたっぷりの多彩な野菜を使用しています。魚介はキノコ、お肉はゴボウや油揚げなど、食感が近いものに置き換えて表現。味はもちろんのこと、いろどりの豊かさは見ているだけでも自然と笑顔に。現代の菜食主義は多種多様で、主義としての堅いものというより、健康や美容を考えた料理として楽しむ人が増えているそう。

魅力的なお料理の数々

※以下画像4枚は公式HPよりお借りしています。
本日の野菜フライ〜にんじん〜(1本220円)。めちゃくちゃおしゃれです。バジルとモッツァレラ、チェリートマトのトマトソース(1,540円)。濃厚な果実味と甘みのある、イタリア産小粒トマトを使用。
野菜の旨みたっぷりスープ(440円)。トルタ ディ チョコラータ~バニラアイス添え~(825円)。カカオ75%の濃厚チョコケーキとバニラアイス。コントラストが美しい…。
他にもたくさんあります。詳しくは最下部に記載のHPかインスタグラムをごらんください。

最新(2022年11月9日時点)のメニュー

主役の野菜たちはここから来ています

ボンディファームさん/宮城県村田町
鈴木農場さん/福島県郡山市
全国有機農法連絡会さん/山形県
作並農園さん/宮城県

大手電気メーカーからの転職、19歳で料理の道へ

今回お話を伺ったのはオーナーの髙橋さん。高校卒業後は、大手の電機メーカーに就職したものの、もともと興味のあった料理の世界を目指すことに。目標は30歳までの独立。仙台と東京でイタリアンとナポリピッツァを学び、20代半ばにイタリアへ。帰国後は東京でさらに腕を磨き、2009年5月にアルベロをオープンしました。ちなみに店名のアルベロは、イタリア語で樹木の意味。

ナポリピッツァ2種類、いただきます!

この石窯はなんと手づくり!既にランチタイムは終了していましたが、再度温めて焼いていただきました。ありがたや。

ジェノバ

Mサイズ1,540円。見た目が綺麗なピザです。
まず生地が美味しい。外はカリッとしていて中はもっちり。じゃがいもの存在をしっかり感じられて、食べ応えもありました。
バジルソースの香りにチーズのコク、シンプルでいて完成度が高い一品。人気なのもうなずけます。

半熟卵のペペロナータ

Mサイズ2,200円。↑の画像はテイクアウトに付き、半熟卵を乗せていません。悪しからず。
ニッカウヰスキーのピートで燻製した、定義とうふ店の油揚げとナッツを使用しています。
スモーキーな香りが後を引き、また食べたくなる美味しさ。ナッツの食感もイイ感じのアクセントになっていて飽きないですね。
そしてこちら、ハイボールにピッタリです!
ペペロナータ?って何だろうと思って調べてみたら、パプリカをたっぷり使った料理のことを指すそうです。

アルベロさんのこれから

「地球に優しい、というのをテーマにしていきたいですね。短期的でなく、長期的な幸せを提供できるようなお店を目指しています。あとは、もっと本格的なコース料理も充実させて行きたいです。」今年で14年目のアルベロさん。さらなる進化に期待です!

取材後期

久しぶりの上愛子エリア。この辺は用事自体があまりないので、いまだに新鮮です。それにしても野菜って奥が深い。普段は生で食べるか、素材として入っているか、みたいに意識することはそんなにないのですが、それをメインとして見ると色々な表現や組み合わせがあるようです。ひとつひとつ食感も風味も違うのが面白いですね。ジューシーで食べ応えのある肉料理も好きですが、たまにはこういう趣の違う繊細な料理も良きと思ったのでした。


というわけで、今回はL’Alberoさんをご紹介しました!お店の詳細は以下のリンク先からご覧ください。次回は、実食レビューが出来なかったお店をランダムで2つか3つご紹介いたします!おたのしみに。

L’Albero(アルベロ)
HP⇒https://albero-pizza.com/
Instagram⇒@alberodays

PAGE TOP