地元民による地元紹介WEBマガジン

飲食店

手づくりのおいしさでつながる想い。「手づくりソーセージ工房 vienna29」

「終わったらウィンナーとごはんを食べたいです!」と芸人のココリコ田中さんが、昔テレビでこんなことを話していました。1週間をうなぎパイや海苔だけで過ごすという過酷な企画を終え、スタッフに何が食べたいかと聞かれた際の答えがそれ。当時中学生くらいだった私は、強烈にそのシーンが焼き付いていて(うわー。凄い分かる。)と共感していました。肉汁がジュワジュワのウィンナーと白米の組み合わせ、食べ盛りな中学生の私にとっては十分なごちそうでした。今回は、当時の田中さんと私、そして現代の皆さんにももちろんおすすめしたいお店をご紹介します。「手づくりソーセージ工房 vienna29」(以下、ヴィエンナさん)。よろしければ最後までお付き合いください!

ソーセージとの出会い、2度の開業

お話をお伺いしたのはオーナーの村岡さんです。高校卒業後、食品科学を学ぶ大学へ進学。肉学教室での実験や実技の中で出会ったのが、ソーセージでした。ソーセージ作りの楽しさや美味しさに感動し、卒業後は首都圏のソーセージ工房で12年ほど修行。その後、地元仙台にUターンし、現在にいたります。最初は獣医になりたかったそう。人生どうなるかわかりません。

店名の由来

vienna29の由来。vienna(ヴィエンナ)は、ウィンナー発祥の地、オーストリアの首都であるウィーンから来ています。そして29は分かりやすく、肉=ニク=29。
・・・というのが公式パンフレットの説明ですが、実はもう一つ隠された由来があります。村岡さんが学生時代にアルバイトをしていたとんかつ屋さん。店名にある数字があてがわれていて、その数字は店長が独立した年齢だったそうです。「節目の数字を入れているのか。なんかカッコいいな。」と感じた村岡さんは、自分のお店にも独立した際の年齢、節目としての数字をいれたのでした。ちなみに29歳の独立時に出した最初のお店はキッチンカーだったとのこと。

火災による店舗消失

2018年12月、隣家から火事が燃え移り、お店と工房を失いました。オープンから3年目の出来事です。失意の真っ只中に助けてくれたのは、秋保の人たちやお客さんなど、色々な人のたくさんの応援でした。その中で見つかった繋がりや経験は「秋保の人たちと繋がった商品をつくりたい」という、これからの目標にも生かされています。2019年11月にリニューアルオープン。

実食レビュー

旬の野菜を使用したものや、BBQやポトフなど利用シーンを想定したものまで、ヴィエンナさんでは「季節感」を大事にしています。今回は定番の焼きソーセージのほか、季節のソーセージ(椎茸)をいただいてみます。椎茸は秋保産。地産地消の秋保コラボ商品です。いざ!

焼きソーセージ

4本入りで450円。弱火でじっくり焼くのがおすすめとのこと。
ではいただきます…。

おぉ!
まず食感というか肉感が凄いです。そして肉汁も凄い!ビールが欲しくなりますね。
程よい塩気もGOOD。ほんのりと感じるハーブの香りはパセリでしょうか。食べ応えがあって満足度高し。旨いです。

季節のソーセージ(椎茸)

2本入り。価格は未定。こちらはボイルにて。

焼きソーセージより太い。その分肉感も凄い!頬張っていると椎茸のうま味と風味を感じますね。椎茸って味も匂いも濃いキノコだと思うので、入れすぎれば邪魔になりそうですが、加減が絶妙です。決して主張しすぎていないのです。塩気は焼きソーセージより薄めですが、太いソーセージなのでこのくらいが良い塩梅。お見事。

【数量限定】牛タンコンビーフ

おひとつ600円。仙台味噌を使用した特製のコンビーフです。
説明書きを見てみるとごはんとの相性抜群らしいとのことなので、オンザライス。

映えるーー!!もうすでに旨い気しかしない見た目!
ごはんの熱でじんわりと溶ける牛脂にしっかりと感じる牛タンの食感。味噌のおかげもあって食が進みます。お酒のアテにも良し。
※牛タンコンビーフは月一製造・毎月第一金曜から販売(数量限定)です。

ヴィエンナさんのこれから

リニューアルオープンの際に、秋保の人たちからたくさんの支援をもらった村岡さん。「地産地消というよりかは、秋保の人たちと一緒に何かできればという意味で、その人たちが作った野菜や味噌を使って商品開発をしています。これからも、秋保の人たちとの繋がりを生かしたメニューをだしていきたいですね。」ソーセージを通して地域の発展を担う素敵な方でした。これからの活躍に期待です。

取材後期

取材に際していただいた資料の中で『「手作りだから美味しい」ということはないですが「手を掛けるから美味しくなる」ということはあると思っています。』という一文がありました。確かに確かに。手間をかけるのが手作りで、そこには見えない試行錯誤があったりするわけです。次回はキンキンに冷えたビールを傍らに楽しみたいと思ったのでした。


というわけで、今回は手づくりソーセージ工房 vienna29さんをご紹介しました!お店の詳細は以下のリンク先からご覧ください。次回は仙台西部地区の気になる開発状況をお伝えしたいと思います!おたのしみに。

手づくりソーセージ工房 vienna29
フェイスブック⇒https://www.facebook.com/akiusausage.vienna29/
Instagram⇒@akiu_vienna29
オンラインショップ⇒https://komer.co/shops/48MYkIsytvh7XXQc2JMI

 

 

PAGE TOP